BRADBURY


2019.02.21 Thursday | category:Quilp

 

Bradbury / QUILP

 

リリースされて以来、毎回オーダーしているダブルフロントが特徴的なノーカラージャケット「BRADBURY」

 

僕の中ではすでに名作で、こんなジャケットは後にも先にもこちらだけだろうと思っています。

 

それもそのはずで、こちらのデザインソースは古いUSミリタリー(おそらく歩兵服)をイメージしていて、実際のそれはこの2~3倍ほど大きなものなんだそう。

 

一番上から羽織る、というか被るようなシェルアウターだったのでしょう。

 

そんなアウターをQUILP流に仕上げたのがこちらというわけです。

 

シェル感がしっかりと残っていて、ローゲージのセーターやレザージャケットやGジャンなどのアウターの上からでも軽々と羽織れる包容力がとても魅力的。

 

マントやポンチョのような感覚でお使いいただけます。

 

が、あくまでもジャケット、ブルゾンのような見栄えに収まるのがまた癖になるポイント。

 

結局こいつって何なんだろう。ってどこにもカテゴライズできないから不思議なんですよね。

 

掴みどころがないといいますか。

 

でも、いや、だからかな。

 

その着易さと相まって手に取る頻度が本当に多い。

 

これは過去のものをお持ちの方も口を揃えておっしゃっていますのでまず間違いないかと。

 

是非沢山の方にこの何とも言えない、けれど物凄く惹き込まれてしまう魅力を知っていただけたらと思いますね。

 

ということが早くも伝わったのか、オリーブのヘリンボーンが早速完売となりました。

 

嬉しいですね〜

 

個人的にはリネンのグリーンチェックがなかなか今季のミソかなと思っていますので、是非チェックしてみてください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 13:40 | comments(0) | - |

QUILP 2019S/S


2019.02.16 Saturday | category:Quilp

 

 

続々と春夏の新作が届いています。

 

今週はsemohQUILPから。

 

あれもこれもとご紹介したいのですが、まずピックさせていただきたいのはこちら。

 

今回で三度目の入荷となるQUILPの「アブノーマルジャケット」と僕が勝手に名付けたダブルフロントタイプのノーカラージャケット。

 

歩兵が着用されていたとされるミリタリージャケットを現代的な解釈で落とし込まれているというなかなか癖強めのジャケットです。

 

ミリタリーはミリタリーでも何故そこを拾ってくるんだ?っていうQUILPのセンスに惚れ惚れしますよね。

 

これまでにご購入いただいている方には実感いただけていると思いますが、癖強めながらも本当に格好良くて、何より使い易い。

 

ローゲージのセーターでも余裕で着込めるサイジングながらも決してだらしなくはならないという絶妙なバランスが本当にお見事。

 

「大人の余裕」を意味するゆるさがそこにはありますし、生地感も含め、春アウターとしてはこの上ない仕上がりのジャケットになっていると思います。

 

今回はコットンチェック、リネンチェック、コットンヘリンボーンと実に悩ましい3種類でご用意いたしております。

 

し、さりげなく新型のシャツジャケットもご用意しておりますので、是非あれこれと着比べていただけたらと思います。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 13:47 | comments(0) | - |

Bundle up


2018.11.07 Wednesday | category:Quilp

 

”ROWNTREE”

”Super boots"

 

ブルゾンにしてもブーツにしてもあからさまに奇をてらっているわけではありませんが、視線を奪われるその面。

 

どちらもダークなボディに白が映えます。

 

じっと眺めているだけでも満たしてくれるところがありますが、やはり着て履いてこそその真価を発揮するというもの。

 

ブルゾンの立ち位置としてはアウターのアウター。

 

シェル的な。

 

適当に着込んだ上からざっくりと羽織っていただければ全部正解に持っていってくれる圧倒的包容力を擁します。

 

厚手のモールスキンを使っているのでアタリなどが出てくるのも密かな楽しみ。

 

ガシガシとタフに使っていただけたらと思います。

 

ブーツも高価なものだと臆さず、少し雑なくらいで履いていただいた方が光り輝きます。

 

丁寧に扱うことだけが大事にするということとは限りません。

 

そんな一癖ある性格なんです。

 

穿き慣れたハンドルームのジーンズにセーターでもGジャンでもレザーでも、

 

自分が着易いと思う暖かい何かを着込んでそいつとそいつを合わせてください。

 

その時はきっともう冬の中です。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 



| razeshop | 18:45 | comments(0) | - |
        
 全 [11] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY