Linen Gatherring Shirt


2020.02.24 Monday | category:semoh

 

Linen Gathering Shirt / semoh

 

 

Blue

 

 

Natural

 

 

semohの新作が続きます。

 

こちらは春夏定番となっているギャザーシャツのリネン仕様。

 

このシャツも気付けば4年目で毎年買い足される方がいらっしゃったりで、RAZEとしても完全に定位置を確保している鉄板の一枚です。

 

不動の人気の要因としては毎年言っている気がしますが、羽織りとしての能力がとても高いということ。

 

ボタンを閉じてTHE・シャツとしての着方はもちろんのこと、開けて羽織った時のカーディガンでもなけりゃジャケットまでもいかない絶妙な雰囲気はかなり良い。し、単純に使い易いんですよね。

 

とりあえず羽織っておけ。的な。

 

夏は素肌に着るととても気持ち良く心地良いですし。

 

おそらくリリースされ続ける限りは毎回同じことを言うと思います。

 

それくらい変わらない廃らない良さがこのシャツにはあります。

 

今季の色展開はブルーとナチュラル。

 

どちらも季節感と大人感が兼ね備わった色味だと思います。

 

特に鮮やかなブルーに関しては見惚れる色味で着た時の雰囲気なんかとってもセクシー。いつもより一個多めにボタン開けちゃいましょう。

 

ジーンズに、スラックスに、良い意味で適当に。

 

力を抜いてスタイリングしてみてください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 12:25 | comments(0) | - |

Bicolor Sweat


2020.02.22 Saturday | category:semoh

 

 

Bicolor Sweat / semoh

 

 

Gray

 

Green

 

 

semohから新作のスウェットが届きました。

 

シンプルなボックスシルエットベースですが、表と裏で切替しを入れることで所謂「普通」のものとは一線を画す仕上がりとなっています。

 

が、普通に着れちゃうのがとても良いところ。

 

これ、切替しが入れられている部分がミソで、センターから真っ二つではなく少しずらした絶妙な位置から切替えているというのが

効いているんですよね。

 

間抜けというか、全然格好良くない感じがスタイリングに取り入れた時に不思議と格好良いとなるんです。

 

結局、服なんてのはパズルのピースのようなもので、単体でどれだけ格好良かろうと大した意味は成さないというもの。

 

どんな顔でどんな体型の人間がどんな服と合わせて着るか。

 

もっと言うと、それでどこに立っているのか。

 

で、その服が真に光り輝くかどうかが決まる。

 

てな価値観で僕は服と向き合っているつもりなんですが、言ったことありましたっけ?

 

まあ、とりあえずこのスウェットはテーラードやコートなどドレスなものの下に着るかシャツの上に着てください。

 

か、シャツの上に着て、その上からテーラードでもOK。

 

いや、そうなるとブルゾンもアリか。。。

 

うん、まあ好きにしてくれということで、

 

もっと自由にいきましょう。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 



| razeshop | 14:00 | comments(0) | - |

IZANAGI


2020.01.31 Friday | category:semoh

 

 

 

 

 

IZANAGI / semoh

 

クッションと同様、こちらもsemoh初となるシルバーアクセサリー。

 

なんですが、こちらはただ単にデザイン性を追い求めたものではなく、semohらしくアクセサリーとはそもそも何なのかというところまで掘り下げた上で製作されたものになっています。

 

アクセサリーは古代エジプト時代のお守りや魔除けから始まり、地位や権力の象徴、信仰心の象徴という価値・役割を経て、現代の美しさを表現する装飾品へと発展し、現代では誰しもが手に取ることができる馴染みのものとなりました。

 

そんな起源を理解した上でアクセサリーを身に付けている人というのはそんなに多くはいないかもしれませんが、そこを今一度大切にしたい。大切に考えた上に成り立つシルバーにしたいという想いの基、製作されたバングルになります。

 

モチーフは「注連縄(しめなわ)」なんですが、こちらは神社の注連縄職人さんに一度本物(藁)で製作してもらい、それから型をとって製作されたものになります。

 

なので、細かく走る線はなんとなくなものではなく、リアルな藁の繊維の跡になります。

 

ここが本当にリアルでシルバーの内側は実際に藁なのではないか、バングル状の藁がシルバーで封印されているのではないかと厨二病心がくすぐられて今回のセレクトに至ったわけです。

 

注連縄のバングルなんてなかなか見たことないでしょう。というかまずきっとないでしょう。

 

久しぶりにうおーーー!ってなりましたもんね。

 

そして両エンド部分にはこれまた神聖なモチーフとされている「羽根(天使の)」を付けてミクスチャー感を。

 

THE 日本なところにそれを差すというセンスに脱帽。

 

semohらしいといいますか、この抜け感がたまんないですよね。

 

なので個人的には羽根側をトップに向けて付けるのもかなりオススメ。単体でかなり洒落感が出ますよ。

 

 

 

面積はだいぶ少ないですが、この物足りなさがかえって良いんです。

 

物足りなかったら注連縄側をトップにすればいいですしね。そう、2WAY、2WAY。

 

この春は是非シャツと合わせて袖口からチラッと見せてやってください。

 

また、気になる子とのデートなんかに付けていく機会があれば、

 

是非そのお相手に手首(バングル)を見せながら

 

「ずっと誰も解けなかった僕の結界を解いてきたのは君が初めてだよ。」

 

と言ってごらんなさい。

 

きっとうまくいく。。。

 

ってそんなわけないから。

 

なわ(縄)けないから。

 

はい、アルトじゃーないと!

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 15:28 | comments(0) | - |
        
 全 [35] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY