絶対王者


2018.06.22 Friday | category:Coordinate

 

shirt / semoh

pants / semoh

sandals / HAYN

 

 

昨日は山内が自ら『絶対王者』と呼ぶ有松塩縮加工リネンシャツ(厳密にはブラックのこと)のスタイリングでした。

 

ならばsemohの絶対王者もでしょう。

 

ということで何度もご紹介していますsemoh定番のギャザーシャツを改めてご紹介させていただきます。

 

まずなんといってもの魅力はふんわりとした柔らかなエアリーシルエット。

 

”ギャザー”シャツとその名に冠している通り、ヨークに細かく入れられたギャザーにより実現。

 

たっぷりと生地を使い、幅広に設計されていて、ストレスのない快適な着心地になっていますが、計算されたパターンニングにより縦に綺麗に落ちるようになっている為、ドレスシャツの表情をしっかりと感じさせてくれます。

 

これぞsemohの真骨頂、緊張と緩和。ただ、ゆるくて楽なシャツで終わらせないのがsemohなんですよね。

 

それを今日はリヨセルのとろみのあるスラックスと合わせてみました。

 

白と茶の配色っていいですよね。爽やか過ぎず、土臭過ぎずでお互いの良いところだけを引き出した感じが好きです。

 

で、足元はまたしてもビーサンで崩す。最近完全にハマってます。

 

あと、もう一つハマっているのがシャツを羽織るだけスタイル。

 

この着方は昔から好きで、今季はこれを意識してシャツのセレクトに反映させました。

 

ボタンを開けても閉めても格好良い。

 

っていうポリバレント性のある新たなプレイヤーを西野監督のごとく求めてはみたものの、やっぱりこれってなかなか難しいんですよ。

 

開けても閉めてもまあ悪くないね。

って器用貧乏な感じじゃやっぱりメンバーには選出できないわけで、結局実績あるベテランに頼るしかないんですよ。

 

ということで今季はRAZE全体で見て新型のシャツってほぼないんです。気が付きました?

 

そのくらい定番物で納得できるものが揃ってきているって言えば聞こえはいいんですが、それじゃあこれ以上の活性化はないよね。

 

と思い、来季は序盤からあれこれ新型をぶっこむ予定なので是非楽しみにしていてください。

 

あれ?

 

あら?

 

ギャザーシャツの話どこいった?

 

まあいいや

 

とりあえずシャツがめたんこ好きなんです。

 

伝わってください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 14:18 | comments(0) | - |

余裕を導く計算式


2018.06.21 Thursday | category:Coordinate

 

 

shirt  / 山内

denim / semoh

sandals / HAYN

 

 

山内の塩縮シャツをご購入いただく際に100%ご提案させていただいている一つが、『デニムに合わせてください』ということ。

 

今回僕はsemohのデニムで小綺麗にまとめましたが、育ったHAND ROOMのジーンズでもっとカジュアルに振っても素敵だと思います。

もちろんスラックスなどに合わせたカチッとスタイルもオススメなんですが、今回は『ちょっとお出かけ』をテーマにしたのでそこまで決め過ぎることなくまとめました。

 

デニムでダウンさせてはいますが、山内の圧倒的雰囲気からするとそれでもまだ崩しは足りません。

 

ということでミソになってくるのがこのシンプルなビーサン。

 

この崩し、一歩間違えればただチープ感を漂わせるだけになってしまいますが、山内×semohなので崩し切ることはまあ不可能。

 

結果として力み過ぎず、抜き過ぎずなところに着地。そこには『余裕』を感じさせる雰囲気があると思っています。

 

謳い文句でよく耳にする『大人』ってよくよく考えるととても抽象的で受け手によって様々な解釈があるのでは?と思い考えてみたところ、この『余裕』というのが僕が思う大人の中にあるポジティブな要素の一つだと思いました。

 

しかし、そんな『余裕』って口で言うのは簡単なんですがそこを掴むのってなかなか難しいとも思っています。

 

中心となるアイテムに対して、足すのか掛けるのか。そして何を引くのか、何で割るのか。

ここの計算式を意識しないとぼんやりとしたスタイルしか出来上がりません。

 

数年前に起こったミニマルブームが尾を引いているのか、お洒落は引き算でしょ!とか加齢と共に、大人はシンプルでしょ!ととりあえず引くだけの手抜きスタイルがありますが、それはいかがなものかと思います。

 

まず足したり掛けたりするから引けるのであって、0の段階から何を引くんだという話。

 

とりあえずのシンプルとあえてのシンプルでは、同じシンプルでも天と地の差があるということ。

これはお洒落(洋服)が好きだというなら、決して忘れてはいけないことだと思います。

 

そんな想いを胸に組んだ今回のこのスタイリング。

 

誰かひとりにでも伝わってくれたら嬉しいです。

 

 

なんていうのは建前で、

 

シャネルパイセンが口酸っぱく言っていた、

 

『どこへ出かけるときでも、おしゃれをするのを忘れないように。最良の人にいつどこで逢うかわからないから。』

 

という言葉を意識しまくった余裕ゼロのスタイリングです。

 

決して真似しないでください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 14:44 | comments(0) | - |

寒色


2017.11.16 Thursday | category:Coordinate

coat…semoh

sweater…HAND ROOM

shirt…HAND ROOM

denim…used

 

前々回のブログでこちらのsemohのステンカラーのブルーを着用した内容をお伝えしました。

その中でこんなスタイリングも良いですよと書きましたが、その時は写真なしの文章のみ。

 

私の頭の中で組み立てていただけでしたが、良い感じになる確信はありましたし、言った以上はということで実際にやってみました。

 

予想通りうまくまとまりました。サイズもさることながらカラーのバランスが取れたと思います。

コート以外は淡めのトーンで統一し、コートとのコントラストで全体にメリハリをつけるイメージ。

 

セーターの首元から覗かせたロンストで気持ち遊びを効かせていますが、チェックシャツにしても良いと思います。

セーターしかりトップスはトラッドに寄せて、それを一気にジーンズで崩す。

この優雅さと無骨さの間を取ったようなバランスがミソだと思っていて、何よりこの感じがコートとの相性抜群。

 

結果的に綺麗にまとまりましたが、綺麗過ぎない自然体でいられるのは確実にヤツ(ジーンズ)のおかげです。

 

足元にはMOONSTARのスニーカーを合わせていますが、革靴でもかなり格好良いと思います。

どちらが良いとかではなく持っていきたい雰囲気によりますし、このチョイスで全体のイメージはだいぶ左右されますので今回の写真ではあえてカットさせていただきました。

是非イメージしてみてください。

 

冬になってくると、どうしてもジジイ(クラシカル)な暖色や暗めのトーンのスタイリングが多くなりがちではありますが、このようにあえて寒色でまとめたコーデも悪くないと思います。

夏に食べる熱い鍋のようでなんだか乙な感じがします。

 

あと最後に、とても細かい話なんですが、HAND ROOMのセーターにシャツを挟んだ時の襟の収まり具合が本当に神。

この首元について語りたい気持ちは山々なのですが、これ以上続けるとチャンネルを変えられてしまう気がしてならないので自重しておきますが。

 

お付き合いいただける方は是非店頭でセッションしましょう。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 18:16 | comments(0) | - |
        
 全 [10] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY