君の創造をこえたい


2018.09.13 Thursday | category:Trip

 

2019年に向けて東京と大阪へ爆裂弾丸ツアーをしてきました。

 

が、完全にスケジューリングミス。

 

たった2日で関東と関西を行き来するもんじゃないですね。

 

鬼のように疲れましたが、ブレイク中の俳優なんかもきっとこんな感じのスケジュールなのだろう

 

と考えたら眠れるアクターマインドが目覚めたので速攻元気に。

 

ご褒美にと、いつもより少しだけ高価なカッフェ・オーレを片手に帰りの電車に揺られている時の気分は完全にスターダスト所属のだれそれのようでしたね。

 

そんな俳優としての小さな一歩を踏み出した今回。

 

都会の相変わらずの便利さと凄まじい情報量はとても刺激的でスマホみたいな街だなと思いました。

 

ただ、だからってそれが豊かさに直結するとは言えないとも思いました。

 

うん、やっぱりスマホみたい。

 

都会だから、地方だから、という話じゃなくて、

 

自分のものさしがどんな大きさでどんな形をしているのか。

 

結局そこを突き詰めることが重要なんだと思いましたね。

 

と、シティ感想文はこのくらいにしておいて…

 

今回の展示会巡りや打ち合わせはいつも以上に実りあるものになったと感じています。

 

なんでだろう。

 

って考えた時に、少し前のあの山籠もりがボディブローのように効いてきてるんだなって。

 

山から都会へ一気にシフトしたことで頭の中をゴリゴリにストレッチできたのか、とてもクリアな感覚でいることができました。

 

またそのおかげか、新たに出会う人や言葉、ものが次のフェーズへと導いてくれているような、

 

そんな感覚も覚えました。

 

そしてその影響を受けてか、早速来季のコンセプトが決まったので先に発表しておきます。

 

”君の創造をこえたい”

 

意図はリアルタイムにご説明させていただこうと思いますがあれですね

 

山籠もりが効いているというか

 

どうやらあのキミスイがべらぼーに効いているみたい。

 

というわけで、

 

やっと本格的に今季が始まったばかりですが、来季も是非楽しみにしていてください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 



| razeshop | 16:03 | comments(0) | - |

Holiday - 05 -


2018.08.31 Friday | category:Trip

 

未知の領域へのアドベンチャーは結局電波が回復するところまで戻ってタクるという超絶あんぱいな方法によって終止符を打ちました。

 

うん、僕の辞書に『戻る』の文字はあったみたい。

 

 

 

 

で、向かったのは山の中にそびえた立つ美術館。

 

絵画も彫刻も美しさという部分で必ず洋服に通ずるところがあると思っているので、何か少しでも落とし込めたらと思いまして。

 

ここには様々な現代アーティストの作品が展示されていたのですが、皆さんセンスがこじれにこじれていて僕ごときの感性ではまだまだ理解不能でした。

 

 

 

こちらの写真の作品はある展示室の床から壁一面に描かれたもの。

 

素敵にカオスでした。

 

が、この作品のテーマは『SEASON(季節)』

 

なので、テーマ自体はいたって普通なんです。

 

だから、このアーティストさんの解釈の癖がもうすんごいなってドン引き(良い意味で)。

 

そして、そんな解釈というのはきっと圧倒的に少数派。(というかこれはこの人だけでしょう)

 

僕は多数派ではなく少数派にこそ人間性があると思っているので、理解はできなくともまた僕なりに解釈したいと思いました。

 

 

他にも沢山のぶっ飛んだ作品に触れることができて良かったんですが、どれもこれも僕の頭の中にある『普通』ではないことばかりだったので若干疲れましたね。

 

しかし、とても良い頭のストレッチになったのではないかと思います。

 

これが人生ゲームなら間違いなく『センス』のパラメータが上がったことでしょう。

 

この日はアドベンチャーのくだりから総じて良い日でしたし、旅全体としてもとても良い旅になったと思います。

 

結局来季のこととか一切考えてないですが。笑

 

とりあえず、今回の旅の熱盛!は

 

『お仕事頑張ってくださいね。』by青学生

 

で決まり。

 

こんな予期せぬ出来事というのが旅の醍醐味なのでしょう。

 

ただ、

 

それはきっと偶然じゃなく、運命なんかでもない。

 

僕が今までしてきた選択と青学生がしてきた選択が僕達を出会わせたのです。

 

そう、

 

僕達は自分の意志で出会ったんだ。

 

ってなことを

 

初日に爆泣きしたキミスイで言ってました。

 

 

というわけで本日より元気に営業再開しておりますのでよろしくお願い致します。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 

 



| razeshop | 17:40 | comments(0) | - |

Holiday - 04 -


2018.08.30 Thursday | category:Trip

 

 

天下の青学生に『お仕事頑張ってくださいね。』と言われたので、もう昨日までの俺とは一味も二味も違うぜっ!(最終日)

 

ということで旅の中でまた旅に出ることにしました。

 

え、なんでそんなことを言われたのかって?

 

蕎麦屋での会話の中で何しにこの地へ来たのか聞かれたので

 

『まあ…ちょっとね…仕事?』(テーブルに肘をつき、手に顎を乗せながら)

 

としゃしゃり倒したからです。

 

shirt / 山内

t-shirt / new

slacks / 山内

shoes / QUILP

 

『より遠くへ。』をテーマにとにかく歩いて西へ進んでみました。

 

そして、1時間半ほどかけて辿り着いたザナルカンド(無人の駅)。

 

次発の電車到着までは約2時間。

 

グーグルマップ先生を頼ろうにもスマホの電波表示は3Gのバリ1。

 

流しのタクシーだっているはずもない。

 

方向音痴の申し子として名を馳せている僕にとってはこの上ないアウェーな状況。

 

さあ、どうする。

 

来た道を戻るか?

 

いや、いかなる理由があろうと『戻る』なんて文字は俺の辞書には載っていない。

 

でもこの詰んだ状況。どうする。

 

きっと本能だろう。気持ちとは裏腹に諦めの文字が脳裏をよぎった。

 

が、すぐに続いたあの言葉が全てをかき消した。

 

『お仕事頑張ってくださいね。』by青学生

 

さいっあくだ。

 

一瞬でも諦めようとした自分に心底嫌気が差した。

 

何があっても前に進む。

 

ここからが俺のステージだ!

 

と気合いを入れると同時にふと気が付いた。

 

 

俺って今何してるの?

 

 

もう本当色々と迷子。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 17:33 | comments(0) | - |
        
 全 [5] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY