信念


2018.01.04 Thursday | category:Mind

 

新年明けましておめでとうございます。

 

昨日から2018年の営業を開始致しました。

 

おかげさまで今年の3月でRAZEオープンから4年が経ち、5年目を迎えます。

いわゆる節目の年数に差し掛かってくるわけですが、節目など現象の一つに過ぎないと思っています。

 

が、本質は何かを見つめ直すにはとても良いきっかけだと思いますので、節目を迎えてからどうこうするというよりはできるだけ良い形で節目を迎えれるよう今この瞬間から必死に考え、行動していこうと思います。

 

たかが洋服かもしれませんが、僕は洋服が持つ無限の可能性を信じているから洋服屋を名乗っています。

洋服一つで人生が変わることもあると本気で思っています。

 

RAZEにしかない物と時間をご提供することで皆さんの豊かな生活の中の楽しみの一部となれるよう、僕自身もまだまだ楽しみながらRAZEと共に成長していきたいと思います。

 

それでは、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

※2018年より閉店時間を19時に変更させていただいています。ご迷惑をお掛けしますが、ご注意くださいますようお願い致します。

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 



| razeshop | 13:21 | comments(0) | - |

良いもの


2017.12.26 Tuesday | category:Mind

 

semohの上山さんにご来店いただいたことを書こうと思っていましたが、ちょっと間が空いてしまいました。

 

今回の上山さんご来店は素敵にゲリラでしたので、ほんの一部の方にしかお会いいただくことができませんでした。

 

が、それでもお会いになった方からは良かった、もっと話がしたかったなどと言っていただけましたので、またどこかのタイミングでお越しいただけるようお願いしたいと思います。もちろん、今度は前もってご案内できるように。

 

とかなんとか言っているうちに2017年が終わろうとしています。

 

非常に抽象的ですが、空気が大きく移り変わっていく感覚がずっとあった一年でした。

僕らのいる業界的にはもちろん、世の中的にも。

SNSの普及によって時代が変わったなんてよく言われていますが、それさえも大きな流れの中の一部でしかないような気がしています。

自然の摂理と言いますか、全てが在るべきところに返っていく真っ只中だったように思います。

 

そんなことを踏まえて、来年はストレートな格好良さと正しさをコンセプトにやっていきたいと思います。

正しい良さや正しい楽しさがある気がしていて、それは洋服屋としても人間としても。

そこを求めていくことが純粋な格好良さに繋がっていくのではないかと思いました。

 

話は戻りますが、上山さんのご来店をきっかけにふとsemohで自分が初めて買った服はなんだったかなと思い、クローゼットを見渡してみたところ、二年前に買った写真の縮絨ニットが僕の初semohだったことを思い出しました。

 

二年前に買った洋服ですが、今でも最近買ったものと変わらないくらい大切に着ています。

着続けている理由として、クオリティやデザインの部分はもちろんあるでしょうが、決定的な要因はそこではないような気がしています。

『良いもの』の定義を挙げ出したらキリがありませんが、良いものだから長く着るのではなく、長く着るから良いもの。と考えるとしっくりきます。

 

人でも物でも長く付き合っていくということは簡単なことではないと思います。

大切にしないといけませんし合っていないといけません。それも最初から合っている場合もあれば、付き合っていくうちに合っていく場合もあると思います。

 

そう考えると、良いものとは自分に合ったもの。なのではないかと思います。

世の中が移り変わっていく中でどんなステージへ向かおうともこれは一つの真理のような気がします。

 

非常にシンプルで、口で言うのはとても簡単なんですが、それを見つけるのは簡単なことではないのかもしれません。

それこそ情報や価値観が溢れている現代においては特に。

 

それでもそれを見つけて伝えることが僕の使命だと思っていますので、お店に足を運んでくださる”あなたに合ったもの(良いもの)”を見つけることができるように、もっともっと自分の仕事と真摯に向き合っていきたいと思います。

 

2017年も本当にありがとうございました。

 

残り数日となりましたが、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 17:28 | comments(0) | - |

インスタ映え経由で向かう先


2017.11.15 Wednesday | category:Mind

今年の流行語大賞にもノミネートされていた『インスタ映え』という現象。

 

この現象について賛否両論あるとは思いますが、基本的に美しいものが好きな私は大賛成。

 

ただ、『インスタ映え』することを前提に打ち出されているものにはあまり美しさを感じません。

 

というのも、そこに本物の美しさはないと思うのです。

 

イルミネーション(人工)が満点の星空(自然)には敵わないように、本物の美しさというのは自然であるからこそ生まれるものだと私は思っています。

 

だからインスタ映えを狙ったものがいけない。という話ではなく、それを作ったり見つけることで完結させずにその先を見ることが大切だと考えます。

この現象というのは間違いなく私達の視点の深さや広さを養うきっかけになります。

 

美しい何かというのはすでに私達の身の周りに沢山転がっています。

毎日目にする何気ない景色やものでも角度を変えてみれば、思わぬ美しさに出会えたり。

 

そのように私達の中に眠る『美しさを切り取る力』をきっと引き出してくれるはずという意味でこの現象には大賛成。

 

 

ただ、流行っているということはすでに終わりが始まっているということでもあります。

 

そしてそんな流れは見事に私達の業界にも及んでいて、サイジングやデザインを中心に様々な意味でキャッチーであることが良しとされていた昨今の傾向は早くも別の方向へと向かい始めたと感じています。

 

それこそキャッチー(分かり易い)とは真逆の方に。

 

雑誌やネットでもすでにチラホラ見かけましたが、いわゆる『コンサバ』が一つキーワードとなってきます。

 

”ファッションは巡る”とはよくいったもので、約30年前のトレンドがまた帰ってきただけと言ったらそこまでなのですが、当時生まれていない私達には間違いなく『新しさ』として映ると思います。

 

そしてここで先の話がリンクしてきて、何がどう美しい(良い)のかを見極める視点がきっと必要になってくると思います。

 

控えめでいわゆる普通な見た目であることを良しとする傾向になってくるわけですから、なんとなくで服を選び、なんとなくでスタイリングを組んでしまうと良くもなく悪くもないというファッションにおける最悪の結果になる可能性が大になってきます。

 

とはいえ、これは”トレンドに思いっきり乗る場合”の話ですので、乗らないなら好きにやっちゃえばいいと思います。

し、トレンドなんて台風のようなもので、来る来る詐欺で終わったり、来たところで来たことを感じさせないくらい静かに去っていったりするものです。

 

結局こういう話の結論はいつも同じになってしまいますが、トレンドに乗る・乗らないはさほど重要なことではなくて、自分は何が好きで何が合っているかを追求していく姿勢がやはり大切なのだと思います。

 

【インスタ映え経由で向かう先】なんて三流セミナーのサブタイトルみたいなタイトルにしましたが、行き着くところは今も未来もきっと同じ。

 

私はそう考えていますし、それが一つの真理だと信じています。

 

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 



| razeshop | 17:59 | comments(0) | - |
        
 全 [7] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY