ニュートラルへ


2020.04.05 Sunday | category:Mind

 

皆さん、こんにちは。

 

本日RAZEはコロナウイルス感染拡大を受け、臨時休業とさせていただいております。

 

一刻も早く事態が終息し、元の日常に戻ることを心から願って

 

はいない僕です。

 

と言うと批判を受けそうですね。笑

 

そのこころはというと、もちろんこの事態は一日、一分一秒でも早く終息して欲しいと思っています。

 

が、元の日常には戻らなくていいといいますか、元の日常にはもう戻れないと思うです。

 

極論ですが、ちょっと前に「インフルエンザのなかった頃に戻りたい」と言っているようなもので、

 

この先コロナ騒動が終息したところで、そこはコロナのある世界。

 

コロナがなかったちょっと前までの日常というのはこの先存在することはなく、インフルエンザ同様に僕達はコロナと共存していくしかないと思います。

 

し、僕としてはコロナのない頃がそもそも世の中としてそんなに良い日常だったかという疑問もあります。

 

インターネットやSNSの普及により時代が大きく進んできたのは間違いないですが、反面、僕達は沢山の本質を見失ったと感じています。

 

単純に僕達の心が追い付かないスピードで進み過ぎたんだと思います。

 

じゃあ少し歩むスピードを緩めようか。

 

と器用にはできないのが世の中というものなんですよね。

 

とりあえずニュートラルにできたら良いんですけど、歩みを緩めようとすると一旦は後退しかできないのが世の中、時代というものなんだと思います。

 

コロナが現れた今というのは間違いなく一旦後退のフェーズで色んな意味で本当にしんどいですが、このしんどさというのはきっとデトックス的要素を含んでいる。

 

そう思うとこれはきっと新たな前進の為のフェーズ。ちょっとスピった考えですが割と本気で思っています。

 

何にせよ、この先には必ず新しい日常があるわけでそこを思うとても心が躍ります。

 

「自分で感じ、自分で考え、自分で動く。」

 

こんなに当たり前のことを僕達の多くは”出来ているつもり”でここまできてしまったんだと思います。

 

それをコロナを以って知らしめられる瞬間が今きたのだと。

 

己が求める未来は己の手で勝ち取るしかない。

 

そう突きつけられている今、

 

そしてこれから僕達はどうしていかなければならないのか。

 

どんなに小さくてもいいからはじめの一歩を踏み出さなくては

 

ということで

 

 

 

 

 

 

今夜はとってもヘルシィー↑スパイシィー↑でゴロリン鶏肉が美味しいカレーを作るお!

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 



| razeshop | 16:40 | comments(0) | - |

「背景ある物づくり」というファッション


2019.10.24 Thursday | category:Mind

 

僕のメイン愛読雑誌というと、「Oggi」「anan」「東京カレンダー」「てれびくん」等々とセレクトショップの一店員として終わっているこじれっぷりではありますが、そこと少しでも調和を図るべく読んでいるものが「繊研新聞(電子版)」。

 

自分の業界については好きか嫌いかでいうと割と嫌いなんですが、だからって突っぱねていても何も始まらないので、嫌よ嫌よも好きのうちということで毎日なんかんや楽しみに読んでいます。

 

そこで少し考えさせられた最近の記事をシェアします。

 

 

”きょうから合同展プラグイン 背景ある物づくりに注目”

 

きょうから合同展プラグイン(繊研新聞社主催)が東京・渋谷のヒカリエホールで始まる。ウェア、服飾雑貨、ラフスタイル雑貨など幅広い出展者の中でもキラリと光るのは、語れるストーリーを持ったブランドだ。素材や作りへのこだわり、地域との共生を目指す独自のスタンス、着る人の暮らしに寄り添った機能性など。それぞれの背景や思いを、ぜひ会場で実感して欲しい。…全文はこちら

 

 

この「合同展プラグイン」とはその名の通り、多くの服飾雑貨のブランドが新作を発表し僕達お店のバイヤーが仕入れをしたり、メーカー同士が商談をしたりする期間限定のイベントのことで、いわゆる「展示会」が色々と集まったような場です。

 

ここで僕が気になったのは「背景ある物づくりに注目」という点。

 

それがおかしいとは全く思いませんし、むしろ共感できる内容なのですが、このことを繊研新聞というメディアが謳い始めたことに違和感を感じるといいますか、ここから一気に「背景ある物づくり系ブランド」が増殖していくと予測されます。

 

といってもそれは今に始まったことではありませんが、このようなメディアに載ったのならばその流れというのは更に加速していくだろうということ。

 

いかにもファッション業界らしく背景ある物づくりが分かり易く「トレンド」になる時が来たのです。

 

だから、きっとこれまで以上に沢山のお店やブランドが”私達こんなにこだわってます!アピール”をするようになるはず。

 

でそれがいけないのかというとそうではなく、そんなのはこれまでもずっとあったわけですし、むしろそれは必要なことであると思っています。(僕も呼吸をするかの如くやってます)

 

が、繊研新聞のようなメディアがこう発信した今僕が気にするのは「こだわり」や「背景」をファッションとして打ち出す人達が増えるだろうということ。

 

「こだわり」や「背景」の種というのはそれぞれの思想や哲学です。

 

その種がファッションになってしまうと「こだわり」や「背景」の意味が変わってきてしまうと思います。

 

だから、そんな「ファッションこだわり」や「ファッション背景」では語るにも表層も表層での話にしかならない気がします。

 

なんて言ってしまうとすごくネガティブな感じになってしまいますが、これは僕の懸念ではなくただの予想。

 

心配しているというよりはむしろこの流れになると良いと思っています。

 

なぜかというと、それによって「本物」と「偽物」がよりはっきりしてくるから。

 

数年前のビッグシルエットブームの時ですらあたかも昔からそうでしたよ?みたいな顔をするエセビッグシルエットブランドやショップが増殖したものです。

 

それが今となっては激減。

 

これが今回は思想や哲学に近いところの話になってくるわけですから、よりシビアに選別されるのは必至でしょう。

 

なんて偉そうに解説していますが、これは僕自身に対する強いメッセージでもあります。

 

未曾有と言ってもいいこのビッグウェーブに乗るか呑まれるか。

 

今一度、自分・お店の思想や哲学と向き合うことで、

 

「Oggi系女子の横に立った時にサマになる系」のショップとして確立されるよう頑張ります。

 

ちょりんす。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 



| razeshop | 13:07 | comments(0) | - |

5th aniversary


2019.03.28 Thursday | category:Mind

 

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

おかげさまでRAZEは先日の3月22日でオープンから5年が経ち、6年目の春を迎えることができました。

 

ご贔屓にしてくださるお客様をはじめ、関係者の方々に心より感謝申し上げます。

 

今後も単にモノをご提供するのではなく、様々な物事を掘り下げ本質を見極めていくことで、”ただのモノ”では収まらない価値をご提供できる場所・人を目指していきたいと思います。

 

変化の目まぐるしい時代ではありますが、どの時代どんな時代においても変わらない真理があると考えており、それを正しく捉え続けることができれば、先に申し上げたことは必ず実現できると信じています。

 

人に必要とされ、人のお役に立つことができるお店・個人として在るべく、今後も身の丈に合った歩みを重ねていきたいと思いますので、皆さま今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 

 



| razeshop | 18:36 | comments(0) | - |
        
 全 [11] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY