山内のオンラインショップ掲載について


2020.09.18 Friday | category:山内

 

 

しばらくの間、店頭のみで展開していました山内の洋服を今季よりオンラインショップでもお求めいただけるようにしました。

 

理由としては2つ。

 

1つは、激変した社会のライフスタイル、価値観に適応する為。

 

なんてそれらしい言い回しにしてみましたが、単純にいつも山内の洋服を見にお越しいただいていた県外在住の常連さんの来店が昨今のコロナ禍により難しくなってしまいました。

 

山内の洋服は実際に見て触れて着てこそ真価が伝わるという思いに変わりはないですが、だから、なんとかして来てくれ、来れないなら残念だけど仕方ないね。

 

で終わらせることはどう考えても違うし、『見て触れて着て』という信念のようなそれは僕の中で大事なことではあっても”最優先事項ではない”ということに気付きました。

 

山内、またRAZEを良しとして実店舗・オンラインショップに足を運んでくださる方にお楽しみいただくことを最優先事項とした時にそのエゴ、プライドは一歩下げるべきではないかという考えに至りました。

 

そして、2つ目は『効率化を図る為。』

 

コロナ禍のせいなのか単純に山内の知名度と人気が高まったからなのか、おそらく両方が起因していると思うのですが、一年ほど前から山内に関するお問い合わせや通販のご連絡が明らかに増加しました。

 

そのやりとりの中で山内の商品をご購入いただくことになった場合は専用の購入フォームなどはありませんので、メールで何往復もしたり、お電話によりお時間を割いていただく機会が少なくありませんでした。

 

これは僕の個人的な見解ですが、今回のコロナ禍で変わった価値観の中で大きなものの一つが『時間』だと感じています。

 

僕達の多くが『時間は有限だ』ということを改めて認識し、コロナ禍以前よりも深い位置に落とし込んだという感覚を覚えました。

 

そして、僕のその感覚を正しいと仮定した時に、時間は有限だという事実が真実にもなったわけですから効率化を図ることは皆にとってのプラスになると考えました。

 

それでも僕はパソコンやスマホでポチ、ポチとして洋服を購入することにあまり共感はできません。

 

が、だからといってそれを押し付けることもしたくありません。

 

正義とは基本的に相対的なもので、正義は押し付けた瞬間に反対の正義を掲げる人にとっての悪意と化します。

 

何が言いたいって、僕はやっぱり洋服はオフラインで買うことが正義だと思っていますが、きっとどこかの誰かにとってはパソコンやスマホでポチポチやってスマートに買うことが正義なのだろう。というような多様性を理解したい。

 

そんな思いが高まった為、今回のお取り組みに至りました。

 

とはいえ、まだまだこれから様々な物事が変わっていくと思いますので、もしかしたらまたどこかのタイミングで店頭のみでの販売になるかもしれません。

 

そしたらその時はその時。

 

今は今。

 

というわけで、まずはオンラインショップ上でも山内の素晴らしい洋服をお楽しみください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

山内オンラインショップページ

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 

 

 



| razeshop | 15:02 | comments(0) | - |

三季の覇者


2019.10.18 Friday | category:山内

 

山内からジャケットが届きました。

 

裏起毛カノコニット ジップジャケット / 山内

material : cotton100%(lining:cotton100%・sleeve lining:cupra100%)

color : black

size : 2・3・4

price : ¥58,000+tax

 

 

 

 

 

 

 

「ニットのジャケット」とは言っても鹿の子編みによるもので目もしっかり詰まっており、いわゆるニットニットしたものではない仕上がりとなっています。

 

鹿の子編みの洋服で代表的なポロシャツの生地感をイメージしていただくと分かり易いかと思います。

 

あのような生地がもっと地厚になり、裏側に起毛がかけられたものが今回使われている生地になります。

 

「鹿の子で裏起毛」というのがなかなか珍しく、またそれが実に山内らしいニットアイテムだなとワクワクします。

 

本来はカジュアルなイメージの鹿の子ですが、表面に薄くコーティング加工を施すことで仕立て映えする程よい艶感を出しているので、ドレッシーさ、厳格さを感じさせる仕上がりとなっています。

 

袖裏までしっかり裏地を付けたジャケット仕立てになっていますが、ニットの伸縮性のおかげでこの手のアイテムとしては考えられないほど着用ストレスはなく、裏起毛により肌感触がとても心地良い為、ビジュアルとの良い意味でのギャップを感じていただけると思います。

 

今の時期からライトに羽織れるボリュームとなっていますが、裏起毛により高い保温性があるので、インナーで温度コントロールをしていただければ冬を超えて春までお使いいただけます。

 

山内に限らずこのような”使い易い”ライトなアウターのセレクトに今季は一つ注力しているつもりですが、このジップジャケットに関してはちょっと頭一つ抜けているなと思っています。

 

ビジュアルの好みはそれぞれにあるかと思いますが、実用性的なところで見たらかなり高いクオリティがあることは間違いありません。

 

そして、この限りなくシンプルなデザインというのは着る人によって表情を変えてきますので、若い方から大人の方まで色んな方にお試しいただきたいと思います。

 

是非。

 

 

※山内の商品はオンラインショップでの販売を行っておりませんが通信販売にはご対応させていただいております。

ご希望の際はメール、お電話にてお問い合わせください。

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 14:19 | comments(0) | - |

有松塩縮加工リネンシャツ


2019.09.22 Sunday | category:山内

 

本日より山内の秋服を販売開始しています。

 

まずは毎シーズン沢山の方にチェックしていただいているこちらから。

 

有松塩縮加工リネンシャツ(羽衿無)

色 : ホワイト・ブラック・ネイビー・キャメル

サイズ : 2・3・4

価格 : 35,000円(税抜)

 

このシャツなくして山内を語ることは不可能でしょう。

 

和服の生地に用いられる愛知の伝統的な有松絞りによって表情がつけられたリネンコットンを縫製のスペシャリストの手によって美しく仕立てられています。

 

有松絞りは全て手作業なので、絞る力加減や液から上げるタイミングといくら熟練された職人といえど全く同じものに仕上げることはできません。

 

なので、皺の表情や色味に個体差があります。色味に関しては微々たるものですが。

 

とはいえ、着用と洗濯を繰り返すことで、ふんわりと更に柔らかな風合いになり、発色もまた良くなっていきますので結局のところはデニムのように自分仕様、自分色の一枚になっていきます。

 

ですから個体差のところはお選びいただく際のささやかな楽しみの一つだと捉えていただけたらと思います。

 

なんて言ってはみたもののこのブログを書いているうちにあれこれと旅立っていきましたので、下記に現時点でのストック状況を記しておきます。

 

ホワイト:3・4

ブラック:3

ネイビー:2・3

キャメル:3

 

あくまで現時点の在庫数になります。

 

入れ違いで在庫切れとなる場合もございますので予めご了承ください。

 

宜しくお願い致します。

 

※山内の商品はオンラインショップでの販売を行っておりませんが通信販売にはご対応させていただいております。

ご希望の際はメール、お電話にてお問い合わせください。

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 12:53 | comments(0) | - |
        
 全 [9] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY