有松塩縮加工リネンシャツ


2018.05.20 Sunday | category:山内

 

ここ数日はLA BAUMEがブイブイ言わせていますが、その脇でまた確かな存在感を示しているのが山内。

 

 

と言いますのも、ワンラック使って山内ゾーンを設けました。

 

単体でももちろんですが、山内のアイテムはある程度の数が揃うと凄まじいオーラを放つので張り切って並べてみました。

 

凛とした美しい面構えになっていると思います。

 

そして、そんな中で一際存在感を放つTHE 山内と言える有松塩縮加工リネンシャツ。

 

本日はこちらをご紹介させていただきます。

 

 

 

black / 2・3・4 / ¥35,000+tax

 

 

 

 

 

green(sold out)

 

 

 

 

使用している生地の独特のシワ感は、日本の伝統工芸に指定されている名古屋の有松地域に江戸時代から伝わる『有松絞り』の技術を取り入れた塩縮加工によるもの。

有松の職人さんが一つずつ塩縮液に漬け込み、風合いを見ながら微妙に濃度を変化させ、絞りを加えながら丁寧に加工することで生み出されています。

塩縮液は強アルカリ性なので、何度も洗いをかけ中和作業をしていくことで風合いが増していきます。

 

それにより出来上がった生地は縦横で約30%縮まるので、本来シャツを作る為に必要な生地分量が約2.5倍。3枚分に迫るほどの量の生地を使用しています。

 

そうして出来上がった生地の縮みを見ながら1着ずつ、1パーツ、1パーツ裁断されています。

 

そして、ここからそのパーツ達を縫い合わせ…ないのが山内クオリティ。

 

裁断されたパーツの裏全てに、滑りの良いキュプラ混の綾織り生地をあてる二重仕立てにすることで、裏地としてはもちろん、シワにより動きの出ている生地のサポートをする役割を果たしています。

 

このシャツ作りの域を完全に超えた工程が圧倒的な一枚をメイクしていきます。

 

ここまでしてようやく全てのパーツを縫い合わせ、3mm厚の本白蝶ボタンを取り付け、1着のシャツが完成します。

 

あ、

 

当然のように『3mm厚の〜』なんて言いましたが、決して普通なことではないですからね。笑

実際に見て触れてみてください。たかがボタンがシャツ全体の空気を作る上でどれだけ重要な要素かということを瞬時に理解していただけると思います。

 

有松の塩縮という技法は元々和服に使用されていたものなので、どこか『和』の表情を感じさせるのがこのシャツの最大の特徴。

 

『日本人であること』がコンセプトの山内の代表作である所以である気がします。

 

グリーンが早速完売となりましたが、山内自身も”王者”と呼ぶほどのブラックの方はまだストックがございますのでこの圧倒的クオリティを是非一度ご体感ください。

 

※山内の商品は現在オンラインショップにて販売を行っておりませんが通信販売にはご対応させていただいております。

ご希望の際はメール、お電話にてお問い合わせください。

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

※2018年よりお店は19時CLOSEとさせていただいています。

お間違いのないようお願いいたします



| razeshop | 13:25 | comments(0) | - |

立体切り替えパンツ


2018.05.05 Saturday | category:山内

 

 

 

 

 

 

立体切り替えパンツ / 山内 / khaki / ¥40,000+tax

 

 

山内から定番の立体切り替えシルエットのパンツが届きました。

 

ヒップ周りに余裕を持たせ、膝裏には切替を利用してダーツを取ることで裾に向かってシェイプがかかった独特のシルエットになっています。

 

複数のパーツを使いながらも結果的にシンプルにまとまっているのが良いですよね。

玄人筋な魅力と言いますか、とても山内らしさを感じていただけると思います。

 

生地には高密度のピケを使用。ピケというとお馴染み、semohの”ピケパン”を思い出しますよね。

 

お客様に『ピケりに来ました。』と言っていただけるほどRAZEとしても定着しつつあるピケパン。

 

そんなピケりに拍車をかけるように山内のピケパンが満を持して降臨。謎にテンションが上がってしまいます。笑

 

ただ、ピケはピケでもまた毛色が違うのが面白いんですよね。

山内のピケは反物(生地)の段階で塩縮加工が施されていて、縦横で約35%縮まっているので、ピケ特有のたて畝が細く繊細に変化しています。

 

繊細な表情ながらも塩縮加工によるシワとハリ感が無骨さを感じさせるので、非常にスタイリングがし易い一本となっています。

 

RAZEとしてはデニム以外のパンツでここまで細身のものをセレクトするのは久しぶりなので、少し新鮮に感じていただけるのではないかと思います。

 

semohのピケパンに続き、こちらも定番でご提案していきたいと思うほど気に入った一本です。

 

是非ピケりにいらしてください。

 

 

※山内の商品は現在オンラインショップにて販売を行っておりませんが通信販売にはご対応させていただいております。

ご希望の際はメール、お電話にてお問い合わせください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

※2018年よりお店は19時CLOSEとさせていただいています。

お間違いのないようお願いいたします



| razeshop | 19:12 | comments(0) | - |

Shawl collar jacket


2018.04.26 Thursday | category:山内

 

Shawl collar jacket / 山内

 

 

 

 

 

山内のジャケット。

 

今季はショールカラータイプのものをセレクトしました。

 

ショールカラーというと一般的にカーディガンに馴染みがあるように思いますが、こちらはあくまでもジャケット。

程良い抜け感がありながらも奥に漂う厳格さ。

 

一歩間違えたらただのカジュアルアイテムになり得るところをこの絶妙な塩梅に着地させるのが山内の丁寧な手仕事による仕立て(特に縫製)なんだと思います。

 

生地には甘撚り糸で織られたコットンリネンのオックス地を使用し、丸みを持たせた肩のラインに弱めのシェイプのシルエットが相まって柔らかい印象に仕上がっています。

 

jacket…black・size3 / ¥62,000+tax

slacks…black・size3 / ¥34,000+tax

 

山内の今季のコレクションとしてはジャケットのみの展開でしたが、これはどうしてもセットアップがいいと山内さんに頼み込み同素材のスラックスを製作していただきました。

 

ワンタックでセンタークリースが入れらており、お尻周りに少しだけゆとりを持たせて膝下からわずかにテーパードがかかったシルエットとなっています。

 

そんな『少しの余裕』が今回のジャケットと相性抜群。いやらしさを感じさせないセットアップに仕上がりました。

 

なので日常使いとしては、パックTのような素朴な白Tにこれまた素朴なMOONSTARの白スニーカー。といった感じでまとめるスタイリングが一つオススメです。

 

良いお肉は塩などでシンプルにいただくのが一番美味しいというように、余計なことをしない方が素材が最も引き立ちます。

し、裏を返せば素材が良いからこそできること。ごまかす必要がないですし、ごまかさない方がいいんです。

 

あとは雰囲気負けしないsemohのアルビニを挟んで、足元はビーサン。というようなメリハリのあるスタイリングも面白いかも。

 

先に言った通りシンプルなスタイリングが間違いなく一番引き立ちますが、トリッキーなことをするのももちろんアリ。

個人的には足元にLA BAUMEを持ってくるとなかなかクレイジーな気がしてワクワクしますね。

 

それもこれも『少しの余裕』があるおかげ。かなりの振り幅を持ったセットアップになっていると思います。

 

二次会などのパーティー、デート、食事など様々なシーンでその瞬間と共に心ゆくまでご堪能いただけたらと思います。

 

 

※山内の商品は現在オンラインショップにて販売を行っておりませんが通信販売にはご対応させていただいております。

ご希望の際はメール、お電話にてお問い合わせください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

※2018年よりお店は19時CLOSEとさせていただいています。

お間違いのないようお願いいたします



| razeshop | 13:49 | comments(0) | - |
        
 全 [3] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY