JULIEN DAVID- Woven jacket -


2018.08.15 Wednesday | category:JULIEN DAVID

 

ここ数年RAZEを見てきていただいた方からするとなぜこの手のものをセレクトしたのか少し不思議に思うかもしれません。

 

RAZEとして幅を広げるべく、新しい風を…とかそのような意味もないこともないですが

 

常識や多数派に正当性を見出すようなつまらない店や人になりたくない。

 

という理由が一番。

 

常々、この商品があるなら並びにあの商品があって、お店の雰囲気は〇〇なテイストで…というような枠にはめたような考えが本当につまらないと思っているので、そんな枠があるなら思いっきり壊してやりたい。

 

これはそう思ってやり続けてきた小さな結果の一つなんだと思います。

 

理解してくださいとも思いませんし、これが全て正しいとも思っていませんが

 

これは今の僕の答えであり正解の一つだと思っているので、単純にこれまでの流れの良いアクセントになればと思っています。

 

とにかく、なんかまた面白いもん入れたなーくらい思っていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Woven jacket

material / nylon100%×polyester100%

color / blue・yellow

price / ¥68,000+tax

 

 

レトロなカラーリング、デザインのナイロンジャケットになります。

 

JULIENらしいといえばJULIENらしいし、そうでないといえばそうでない。

 

というか僕自身いまだにJULIENを掴めてないんですけどね、ぶっちゃけ。笑

 

まあそんな掴みどころのなさが魅力なのかもしれません。

 

こちらは80sあたりのアイテムとして古着屋に並んでいそうなんだけど、古着ではまず絶対にありえないクオリティ。

 

高密度ナイロンの表地とポリエステルの裏地のキメの細かさには感動。

 

生地に詳しかろうかそうでなかろうが、触れれば単純にこれは”良い生地”だということを理解していただけると思います。

 

そんな生地なので撥水性もありますから、アウトドアアイテムのようなちょっとしたギアとしてお使いいただくことができます。

 

急な雨の時なんかには襟裏のシークレットフードを解放しちゃったりして。

 

シルエットはぽってりとしたボックスでサイジングもややゆるめ。

 

なので、厚手のインナーであっても余裕を持って羽織れちゃいます。

 

今までにない感じでスタイリングのイメージが掴みづらいかもしれませんが、クラシックやトラッドな感じの上からざっくりと羽織っていただくだけでMIX感が出て面白いはずです。

 

それこそsemohや山内のシャツやスラックスの上に合わせればアクティブなオジサマっぽい感じに仕上がるのでとてもオススメ。

 

アクティブなオジサマ感が格好良いのかどうかは皆さんの判断に委ねますが。笑

 

僕は格好良いと思いますし好きですね。

 

HAND ROOMのジーンズなんかも合わないことはないんですが、僕からすると分かっていないただのおじさん感が出て、洒落てもなけりゃ格好良くもないと思うのであまりオススメはしません。笑

 

なのでジーンズに合わせるならNEON SIGNやsemohなどの一癖ある感じが相性良いですから、ベーシックな5ポケットのものにはできるだけ合わせないでください。

 

なんて言うとやっぱり難しいアイテムじゃないかと思ってしまいそうではありますが、機能的な面も含めて気兼ねなく羽織れるジャケットになっていますので是非一度トライしてみてください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 12:41 | comments(0) | - |

JULIEN DAVID- Knitted sweat shirt -


2018.08.13 Monday | category:JULIEN DAVID

 

周回遅れに加えて甲羅を食らわされた気分。

 

そのくらい新作の入荷に対してご紹介が追い付いていません。

 

なんて言い訳を並べていても始まらないのでダッシュキノコでぶっ放していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

color / gray

material / cotton100%

price / ¥26,000+tax

 

JULIENが毎シーズンマイナーチェンジしながらリリースしているスウェットになります。

 

個人的にはスウェットのリブの締まりがきついものをあまり好みません。

 

というのも、リブがきついと着ているうちにずり上がってきたりシャツなんかの上に重ね着した時にくしゃっとなるのがどうも気になってしまうから苦手なんです。

 

そんなポイントをクリアしているのがこのJULIENのスウェットで、これまでに色んなスウェットを見てきましたがトップクラスに素晴らしいのではないかと思います。

 

リブの件も然り、脇下にゆとりを持たせたパターンや細部のちょっとした遊び心などシンプルながらも秀逸な仕上がりとなっています。

 

上質なコットン素材の生地はゆっくりと空気を含ませながら丁寧に編まれ作り上げられているので着た時の肌触りは本当最高。

 

JULIENがMADE IN JAPANにこだわる意味を感じさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

color / white

material / cotton100%

price / ¥35,000+tax

 

こちらはグレーと同じパターンでサンセットの写真にオリジナルロゴを合わせたプリントを乗せたロマンティックな一枚。

 

80〜90年代の匂いのするプリントとJULIENのボディの相性が本当抜群で、漂うストリート感が素敵。

 

というか当時のSTUSSYにありそう。と勝手に思っていて、僕はもうこれVINTAGE STUSSYにしか見えません。笑

 

しかし、どことなく漂う品格。

 

デザインうんぬんではなく、洋服という本質的な部分に対しての妥協がないからこそ、きっとそれを感じさせるのでしょうね。

 

本当かなり格好良いですこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

color / yellow

material / cotton100%×nylon100%

price / ¥30,000+tax

 

 

そしてラストはブルース・リー・スウェット。

 

前のブログでも書いて、こんなことを書くとみんな要らなくなるかもなー

 

とか思っていたんですが、今のところ今回の三種類の中で一番モテているのは

 

グレーでもなく、

 

そして、STUSSY風でもなく、

 

そう、リーでした。

 

これが本当で、リーだリーだと鼻で笑いながら着てみると、思いの外めちゃめちゃイケてるんです。

 

先の二つよりももう少しだけポテッっとしたシルエットになっていて、それが良い感じにリーを感じさせません。笑

 

デニムはインディゴにもブラックにも馴染みが良く、テーパードなど細身の感じにかなりハマります。色は個人的にはブラック派。

 

また、暗めの色のトラウザーに合わせると全体が華やぎ過ぎず、沈み過ぎずで、物凄く良いバランスに着地します。

 

とはいえ、完全に僕のせいですが、写真だけではリーにしか見えなくなっていると思うので気になる方は是非一度着てみてください。

 

とにかく、この手のスウェットに関してはいずれも他に劣ることはまずないと断言できるものとなっていますので、是非一度お試しください。

 

以上、リーでした。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 13:05 | comments(0) | - |

JULIEN DAVID- Knitted T-shirt -


2018.08.03 Friday | category:JULIEN DAVID

 

諸々の新作を追ってご紹介しますとは言いましたが、あれもこれもと追い過ぎて完全に置き去りを食らった状況で絶望しております。

 

そして、それでもまたやってくる新作達。

 

ラプター283くらいスピードスターでいたつもりなのですが、まだまだスピードが足りなかったようです。

 

それでも新作が続々と増えてきたのはとても嬉しいこと。

 

暑さなんて関係ね゛ぇ゛!と服への熱さがほとばしっている方は是非週末にでも見に来ていただけたらと思います。

 

 

Knitted t-shirt

material / cotton100%

color / white・black・blue・yellow

price / white-¥7,800+tax・others-¥8,800+tax

 

 

こちらは店頭のみで販売しているJULIENの定番パックT。

 

単価で考えたらPRADAとかその辺のものとほとんど変わらないのでそんなに強くはオススメしてきませんでしたが、Tシャツ好きの方やこれまでに色んなパックTを着てきた方には納得していただける自信があるのでそこはオスカープロモーションスタンス(ゴリ推し)でいました。

 

そうしたところ、やはり物に間違いはなかったようでご購入いただいた方のリピート率がとても高い。

 

Tシャツなんてどう考えても出番が多いものですから替えが欲しくなるんですね。

 

でも替えなんて他のTシャツでもよくない?

 

と思いますよね。

 

しかし、そこで君じゃないとダメなんだと言わせるのがJULIENの底力なんです。

 

決してデザインが特別なわけではなく、丸胴タイプのシンプルなTシャツなんですが、『質』がどう考えても良いんですよね。

 

日本の上質な素材を日本の巧みな技術で…という山内にも通ずるスタンスのもの作りが生きていて、ちょうどいいソフトな肌触りが癖になります。

 

原料はもちろん、編みのテンションの加減など細かな部分のこだわりがきっとそこに表れていると思います。

 

それこそ上質なTシャツとしてずっとご提案しているsemohのアルビニTシャツと比較してもらうと面白いかもしれません。

 

どちらが良いという話ではなく根本的にスタイルの違う二つですから、アルビニをお持ちの方には是非手に取っていただきたいところです。

 

今回は定番のホワイトに加えて、ブラック、ブルー、イエローと展開しています。

 

ブラックに関しては前回は墨黒のブラックでしたので新しいブラックとなっています。

 

いくら夏が終盤に向かっているとはいえ、これからまだまだメインでもインナーでも活躍してくれますので是非お試しください。

 

その他の新作の方もまた追ってご紹介させていただきます。笑

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 18:45 | comments(0) | - |
        
 全 [2] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY