大人のお洒落はお洒落過ぎない


2019.10.23 Wednesday | category:Phlannel

 

「大人のお洒落はお洒落”過ぎない”」

 

ってこの言葉はリスペクトして止まない東京カレンダーさんの最新号から抜粋させていただきましたが、これは僕個人的にもかなり大事にし続けてきていることでして、「奇をてらうのでもなく置きにいくわけでもなく」という冷静と情熱の間のようなところを上手く突いたような装いができている人のことを真のお洒落さんだと考えています。

 

というわけで、本日はそんな「奇をてらうのでもなく置きにいくわけでもなく」なニットベストをご紹介します。

 

vest / Phlannel

shirt / Phlannel

pants / Phlannel

shoes / Adieu shoes

 

見た時に地味だと思う服、少し物足りなさを感じる服ほど着てみると案外「ぴょえ〜すげーいいじゃん」となります。

 

これは誰しも経験があるかと思います。服好きの方なんかは特に。

 

この少し物足りない要素というのは僕は着る人のことだと思っていて、服を着た時に着た人によって初めてそこが埋められるわけです。

 

だから着ずにただ見た時の「少しの物足りなさ」いうのはある意味、必要な要素だと思っていて、そもそも洋服というのは人が着て初めて完成し真価を発揮するものだと考えています。

 

もちろん「魅せる」ことに重きを置いた洋服も必要ですし、それはそれで僕も好きなんですが、それだとあまりにも洋服のみで完結している為、着た時に着る人が入り込む余白がない。

 

その為、着た結果として良くない「違和感」が生まれてしまい、惹かれたのに「なんかちげーな」に陥りやすいのではないかと思います。

 

だから、見て少し物足りないくらいの服の方が人には合うというのが僕の考え。

 

ということを踏まえてのこちらのベストなんですが、ビジュアルとしてはかなりシンプルなケーブルスタイルのニット。

 

ですが、肩位置を少し落とすことで微かな主張が出ているここがミソ。

 

これによってオジサマ臭、学生臭を和らげ、抜けた印象に仕上げられています。

 

素材にはウールとヤクをほぼ半々の割合でブレンドしたものを使用しており、秋冬らしいウールニット感はしっかりありながらも全くチクチクしないというのが嬉しいところ。

 

今回はシャツを合わせた王道スタイルですが、ロンTなんかにして軽めに仕上げるのも良いですね。

 

薄手のニットと合わせてニット×ニットというのも面白いかも。

 

パンツに関してはやはり少し太めのスラックスで合わせるのがオススメ。

 

「着てみないと分からない」なんていつも言っていますし洋服全てに言えることなんですが、このベストに関してはより強く言わせていただきたいので、少しでも興味を持たれた方は是非お試しください。

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 13:35 | comments(0) | - |

Hound's tooth bomer jacket 着用


2019.10.22 Tuesday | category:Phlannel

 

昨日のご紹介したジャケットの着用になります。

 

jacket / Phlannel

tops / Phlannel

pants / HAND ROOM

shoes / Adieu shoes

 

身幅、着丈は特別大きく取っているわけではないのでスッキリと見えますが、肩をやや落とすことで全体的にリラックス感を感じさせる抜けた印象になっています。

 

アームホールにもゆとりがあるので、厚手のインナーを選んでもストレスなく着用することが可能。

 

というわけで今回インナーに選んだのはこれまたPhlannelのコットンウールのモックネックスウェット。程よく地厚です。

 

ウールをブレンドした素材を使用していますが、コットン100%のスウェットに限りなく近い肌触りになる配合になっているで、ウールの毛羽感が苦手な方にもオススメ。

 

ウールブレンドということでコットン100%のスウェットよりも高い保温力がありますので、セーター代わりにもなりますし、セーターよりもライトにお使いいただけるかと思いますので、クローゼットにあると間違いなく重宝するアイテムです。

 

モックネックのおかげでインナー使いした時にはちょっとした表情が作れますし、一枚着の時にはこなれた雰囲気になります。

 

あと着ていただくと分かりますが、モックネックの設計がピタッとし過ぎず、また高過ぎずで本当にちょうど良いのでこれは是非実際に着てお確かめください。

 

スタイリング全体としてはジャケット以外をこっくりカラーのアイテムでまとめることで、限りなくミリタリー感を弱めようという意図がありますが、それでもジャケットの根幹はミリタリーだという事実がスパイス程度に武骨さを香らせてくれているので、男らしいソフトさを出すことができたスタイルに仕上がっているかと思います。

 

もちろんジーンズに合わせてよりナチュラルかつカジュアルにまとめても全然アリなんですけどね。

 

僕個人的にはやや太めのコーデュロイパンツやウールスラックス、軍パンなんかに合わせるのがオススメです。

 

とにかく、汎用性が非常に高いジャケットなので是非色々なスタイリングでお楽しみいただけたらと思います。

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 14:04 | comments(0) | - |

B-10


2019.10.21 Monday | category:Phlannel

 

Wool×Linen Hound's tooth bomer jacket / Phlannel

color : one

size : 3

price : ¥68,000+tax

 

 

 

 

 

Phlannelからフライトジャケットベースのアウターが届きました。

 

サンプリングしているジャケットは第二次世界大戦末期に登場したフライトジャケット「B-10」になります。

 

こちらのB-10は初の布帛製のフライトジャケットで、しかも採用期間がわずか一年程しかなかったということで、なかなか希少なモデルになります。

 

ここから「B-15」や「MA-1」という名作の後継モデルへと続いていくわけですが、このB-10をピックアップしたあたりがPhlannelらしくてニクイところ。

 

ソリッドではなく千鳥柄のボディにしたり、本来のものには付いているエポレットを排除したりとベースは守りつつアップデートされた仕上がりは本当に素敵です。

 

ボディはウール×リネンの素材となっており、上質なウールにシワにならない量のリネンをブレンドしています。

 

その素材に縮絨(しゅくじゅう)をかけて毛羽と風合いを出した後、タンブラーで柄をよろけさせています。

 

この際にウールとリネンの糸質の差によって「歪み」が生じる為、完成した時に千鳥柄が千鳥、千鳥していないといいますか、やんわりとぼけた表情になります。し、これによってスタイリングへの取り入れ易さがググっと増していると思います。

 

この後にも張り感と若干の撥水性を出すために含浸という蝋に漬け込む加工も施されているのですが、もうね、やり過ぎ。笑

 

他にもExcellaファスナーやウール100%のリブ、取り外し可能な中綿入りコーデュロイの襟など推したいディティールが沢山ありますが、この生地のことを知ってしまうと申し訳ないですけど全部霞みますよね。笑

 

なんてうんちくがあったところで着飾る上ではぶっちゃけ全く役に立ちませんが、やっぱり知っていた方が胸を張って着れますし、単純に知っていたいというのが我々愚かな男というものではないでしょうか。

 

しかし、このジャケットはビジュアルの側面で見てもしっかり手が込んでいますのでもうもはやお手上げ。

 

格好良くて、優しくて、強くて、面白くて…とつけ入る隙がない、まるで少女漫画のヒロインが恋する男の子のような、

 

そう、ゆうのすけくん(あずきちゃん)のようなジャケットなのです。

 

だから僕は「ボマージャケット」なんてすかした呼び方はもうやめて「ゆうのすけくんジャケット」と呼ぶことにします。

 

ゆうのすけくんジャケットの着用感に関してはまた後日のブログで解説しますね。

 

 

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 15:57 | comments(0) | - |
        
 全 [3] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY