HARIM- EDGE RING -


2018.07.16 Monday | category:HARIM

 

昨日のchainシリーズと一緒に新作のリングも届いています。

 

これまあドツボ過ぎて個人オーダーしたんですけど、きっと玄人の方をも唸らせるであろう仕上がりになっていると思います。

 

 

 

 

EDGE RING wide- ARASHI -

material / silver925

size / 13号・17号(その他、9‐21号でオーダー可能)

price / ¥16,000+tax

 

 

その名の通り角度をつけた平打ちリング。

 

平打ちの表面から内側に鋭い切り返しを入れることで非常になだらかで心地良い指馴染みに仕上げられています。

 

加工技法が『ARASHI』と名付けられた荒いテクスチャーとなっているのですが、これが”ヤバい”の一言に尽きます。

 

深くて細かな小傷を全体に均一に入れるというシンプルながらも気が狂いそうな技法。

 

もちろんこの細かさですから全て手作業。職人泣かせとはまさにこのことでしょう。

 

そんな作り手の血と涙の結晶が生み出す空気感が宿るリングですから、シンプルさの中に感じさせる奥行きが深い。

 

モードでありながらアルチザンという雰囲気がたまりません。

 

 

 

EDGE RING narow- White Finish -

material / silver925

size / 13号・17号(その他、9‐21号でオーダー可能)

price / ¥11,000+tax

 

 

こちらはwideを細身に仕上げたリングになります。

 

加工はピカピカの完全な鏡面仕上げで非常に美しいジュエリーな表情となっています。

 

さりげない感じが好きな方ならこっちですね。

 

で、面白いのがこのnarrowとwideを合わせることができちゃうというところなんですよね。

 

 

 

 

 

これがこのEDGE RINGの真骨頂。

 

斜めの角度が合うように計算されているので、きれいに合わせるとまるで切替しがされた一つのリングのように美しくまとまります。

 

同じ加工同士でオーダーなんかも可能ですが、僕としてはこの極端なギャップがかなり格好良いと思います。

 

同じシルバーでもここまで違いが出せるわけですからシルバーの可能性を感じさせるというか、シルバーの奥深さがここで感じれ取れると思います。

 

このリングだけで改めてHARIMのシルバーに対する情熱を感じれた気がするので手にした時は単純にワクワクしましたね。

 

なのでシルバーが好きだという方には是非一度手に取っていただきたいと思います。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 

 

 



| razeshop | 12:26 | comments(0) | - |

HARIM


2018.07.15 Sunday | category:HARIM

 

HARIMから新作が届きました。

 

ここ数年でリリースしているchainシリーズの最新作。

 

ここ最近で急に夏が本気を出してきたので重ね着どころじゃなくなってきましたからこの手のアイテムは必須ですよね。

 

 

 

 

 

Artizan chain neck/bracelet

material / silver925

size / 全長約60

price / ¥22,000+tax

 

まずは甲丸のパーツを2重に組み込み続けることで出来上がった芸術性の高いチェーンネック兼ブレスレット。

 

簡単にいうとシンプルなリングの超小さい版を永遠に組み込み続けているという気が狂うようなやつ。

 

なのでもちろん生産性、効率性が恐ろしく悪く、近年の貴金属の高騰の流れをカチ無視しているということになります。

 

しかし、何一つ楽ではないプロセスを辿ることでしか出会えない美しさがそこにはあって、素人、玄人関係なく明らかな違いを感じていただけるはず。

 

平坦ではない方の道を選ぶことでしか”違い”を出せないのは普遍的な真理だというメッセージ性を強く感じますね。

 

そしてこちらは嬉しい2way。

 

ネックレスの場合は52‐58僂△燭蠅把汗芦椎修如▲屮譽垢両豺腓3連になります。

 

 

 

 

 

Double herringbone chains neck/bracelet

material / silver925

size / 全長約60

price / ¥26,000+tax

 

続いてのこちらはコンビネーション。

 

断面が四角くなるように編み込まれたチェーンと限りなく隙間を減らして目の詰まったチェーンの2種類。

 

緻密に規則正しく並んだチェーンの駒が重厚で美しく、その様はまるでヘリンボーン柄。

 

ブレスにした場合は腕を占める面積が大きく、抜群の存在感があります。

 

こちらもまた生産性などが絶望的に悪く、もはや絶滅寸前。

 

デザイナーが『なんとしても未来に残したい美しさ』と言うほどですから、その希少性と芸術性の高さがどれほどのものかがうかがい知れますよね。

 

個人的にもこれは今回の新作の中で一押し。

 

使い方は先のArtizan chainと同じです。

 

 

 

 

Triple chain bracelet

material / silver925

size / 全長約22

price / ¥18,000+tax

 

 

ラスト。

 

こちらは完全なブレスです。

 

3種類のデザインの異なるチェーンをねじり込むようにひねりを加えて固定された3連ブレス。

 

極上のロープのような立体感はさりげなくも圧倒的な存在感を示します。

 

これ一本でも十分ですがプレーンなバングルなんかと重ねても凄く相性が良さそうです。

 

 

以上の3種類が今回のchainシリーズとなります。

 

いずれもTシャツにジーンズ、シャツにスラックスなどとにかくシンプルなスタイリングに組み込んでいただけたらと思います。

 

サラッとした中にギラッと。

 

これがまあ格好良いので是非お試しください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 13:14 | comments(0) | - |

HARIM- Beautiful Chain All-Link -


2018.07.04 Wednesday | category:HARIM

 

Beautiful Chain All-Link  / HARIM

material / silver925(oxidized black)

size / 15〜21cm(調整可)

price / ¥56,000+tax

 

 

愛用中のHARIMのブレス。

 

時々軽く水洗いするくらいで磨きの手入れは一度もしてこなかったので鈍く落ち着いた質感になりました。

 

狙い通り。

 

ビカビカも格好良いですが、この控えめな感じが非常に粋だなと惚れ惚れしています。

 

いくら艶が消えたとはいえ、たっぷりと贅沢な量のシルバーを使って製作されていますので、消え切らない本物の艶がそこにはあります。

 

これが僕はとても美しいと思うんですよね。

 

日本人的な感覚なのでしょうか。

 

主張しない主張。

 

控えめながらも溢れる美しさ、力強さというのは最上級のものではないかと。

 

僕が尊敬する人は

 

『あまり強い言葉を使うと弱く見えるぞ』

 

と言っていました。

 

これは人間についての話ですが、物にも同じことが言えるように思います。

 

 

時期のせいなのか最近このブレスについてのお問い合わせをチラホラいただくようになったので今回ピックアップしましたが、ビカビカな質感がお好みの方には高貴な銀白色の輝きを放つ”rhodium plating”タイプをご用意可能となっています。

 

いずれもオーダー商品となりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 12:03 | comments(0) | - |
        
 全 [11] ページ中 [1] ページ目を表示しています >>


NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY