Entry: <<  main  >>

ALRON


2019.12.06 Friday | category:MOTHER HAND artisan

 

ARLON / MOTHER HAND artisan

material : superfine wool super 100's 100%(made in Italy)

color : Rosso・BLUE

size: 4・5・6

price : ¥40,000+tax

 

そういえばMhaのGENTをご紹介しましたが、ARLON(アルロン)がまだでした。

 

いやーうっかりぽっかり。

 

してたもんだから全部であと3枚しかないです。

 

が、少しだけでもお話させていただきます。

 

というわけでこちらのARLON。

 

ネーミングの由来はGENTと同じくデザイナーご夫婦のルーツであるベルギーの都市名が採用されています。

 

 

裾のくるりんやチューブ状の袖など設計の大枠としてはGENTと似ていますが、素材はLAMORAではなくウール100%になっているのでGENTよりはやや太ゲージといった感じですが、それでも重々しさはなく高い保温力を兼ねた良いバランスに仕上げられています。

 

インナー使いが本当にびっくりするくらいし易いので、持っていると「気付けば狂ったほど着ていた」という位置づけになり得るやつです。

 

 

 

で、なんといっても推したいポイントはネック部分。

 

この写真、ノー加工なんですが違和感を感じませんか?

 

平置きしているのにネック部分が平面になっていないんですよ。

 

どういうことか。

 

この常時、立体的なネックというのは「立っている時の人間の首って決して垂直ではないよね(傾斜があるよね)」という考えから生まれています。

 

よくあるタートルニットですと最初着始めの時は首にピタッとくっつき、そこから自分でちょっと手で伸ばしてみたり、着ていく中で伸びてきて違和感がなくなったりという感じだと思います。

 

確かにニット素材なんて伸びるし馴染むしそれで良いんだと思いますが、そこに着目し、疑問を抱き、そして妥協しないというのがMHaがMHaたる所以。

 

なので着た瞬間から「ああ、僕の為に生まれてきたんだね君は」と圧倒的なフィーリングの良さを体感していただけると思います。

 

誰しもが。

 

とファッキンビッチ的な側面はありますが、それは良性のそれですからいくらでもウェルカモンヌです。

 

なんてあーだこーだといくら言葉を連ねてもどうにもならないところはあるので、結局のところは着てくれとしか言えないのが悔しいというかなんというか、、、

 

着てくれ。

 

ポイントとしては超地味ですが、超感動します。

 

冗談抜きで僕はこのポイントでお取り扱いを即決しました。

 

やっぱりゴッドは細部に宿るんですね。

 

写真は「映えるから」というだけの理由でRossoのみになっていますが、BLUE(もはやネイビー)もあります。

 

これまた地味ーズですが、着ると激マブです。

 

 

 

あと、このご紹介が遅れたおかげでALL BLUESの新作がやってきてしまったので早速マリアージュ。

 

どうですか、めちゃめちゃエレガンスじゃないですか?

 

って言い方が下品ですが、これはとても良い感じ。

 

この上にテーラードなんてバチクソに合いますし、あえて武骨なブルゾンというのも粋ですよね。

 

パンツもなんでもいいんですけど、ここはあえてスラックスではなくHAND ROOMのジーンズを推しますかね。色落ちでも濃紺でもどちらでも。

 

ARLONにHAND ROOMのジーンズの合わせにALL BLUESを少々。

 

これ、何を羽織っても成立するので下地としては割と無敵なんじゃないかなと思います。

 

というわけで少し話が逸れましたが、ALL BLUESの新作は他にもございますので是非お試しください。

 

え?

 

一体いつからタートルニットの話だと錯覚していた?

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 13:44 | comments(0) | - |

|Comment









        

NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY