Entry: <<  main  >>

CARTER - Vat dye -


2020.06.03 Wednesday | category:Quilp

 

CARTER / QUILP

 

QUILPから色々と入荷がありましたが、まずはこのモデルだなと。

 

軍パンです。

 

興味がある人とない人と極端に分かれるかと思いますが、男のロマンでしょう。

 

ベースは50年代のミリタリートラウザーで一見US物のサンプリング感がありますが、所々にUKを感じさせるディティールが織り交ざっています。

 

QUILPとして何か実在したモデルをサンプリングしているわけではなく、あくまでもオリジナルでデザインしていますので良い意味でのMIX感があるといいますか、これが”らしさ”としてとても価値があるんじゃないかと思います。

 

 

 

個人的にツボなのが、マーベルト仕立て。

 

軍パンのくせに軍パンじゃない上品な感じが良いですよね。

 

でも面としてはあくまでも軍パンってのがすごく粋。

 

ファッションというよりは思想的なところになりますが、これにドレスシャツを合わせた時に本質的に辻褄が合ったスタイリングとして成り立ちますよね。

 

洋服を表層で着ることが大体だと思いますしそれで良しとされる世界だということは十分に分かっていますが、こういう無駄と思える領域でこだわりを持つことを大事にしたいですよね。

 

そういうこだわりが他人に伝わるかどうかはさておき、とりあえずおれは違うぜ。って自尊心を自らくすぐることができるかどうかが重要になってくると思うんですよ、これから特に。

 

でね、

 

って話が逸れそうなので止め。

 

穿きます。

 

 

 

 

 

程よく太くストンとした男らしいシルエット。

 

裾のアジャスターを留めると別顔に。コンバットブーツでも合わせた日には当時のそれらしい面になりますね。

 

ハイカットのスニーカーなんかを合わせるとバランスが良さそうです。

 

あとは染めに注目。

 

こちらには『Vatダイ』という手法を用いていて、色落ちがしづらく落ちてきてもオリーブの色味がしっかりと残ります。

 

これも当時(リアル軍パンの時)は主流の染め方だったようですが、手間が掛かる為か時代が進むと共に硫化染めなどが市民権を得てきたんですね。

 

個人的には硫化染めの経年変化ももちろん好きなので、Vatダイだから良いというわけではなく、一つの違いとして楽しんでいただけたらと思います。

 

ジーンズとはまた違った経年変化が楽しめると思います。

 

HAND ROOMのジーンズなんかと是非一緒に穿いて洗って育ててやってください。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram



| razeshop | 12:19 | comments(0) | - |

|Comment









        

NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY