Entry: <<  main  >>

Re-lux / Post Production


2020.06.17 Wednesday | category:Post Production

 

今週末からのPost Production-order reception-に先駆けて、ブランドのシグネチャーモデル『Re-lux』をご紹介させていただきます。

 

Re-lux / Post Production

 

フェミニンさ香る中性的な独特のパターンにはもちろんご注目いただきたいのですが、もう少し細分化したところで

 

『テーパがかった少し高めのヒール』

 

が僕としては最大のポイントだと思っています。

 

ヒールカップからトゥにかけての若干の傾斜がすんごいセクシーなんですよね。

 

立ち姿も美しく見せてくれますし、履けば自ずと背筋が伸びるような感覚。

 

これは実際に履いてみていただければ分かると思います。

 

デザインベースはベルジャンシューズなんですが、いわゆるそれと比較するとこちらの方が圧倒的に堅牢さが漂っています。

 

そりゃ室外向けにしているので当然なんでしょうけど、静かながらも力強さを感じさせます。

 

 

 

あと実際にしばらく履いてみて感じたのが、思わず選びたくなる気軽さと合わせ易さ。

 

これが本当にすごくて、僕の下駄箱事情をぐっちゃぐちゃにしてくれました。

 

良い意味で。

 

序列を作るとしたら一気にトップにきちゃった感じ。

 

それもそのはずなのか、Re-luxは"Relax&Luxury"をテーマに「最高のローファーを気軽に履こう」という贅沢なコンセプトのもと生み出された一足。

 

「玄関にこれ一足あれば、締まった足元を演出してくれる。」

 

そんな一足となることを目指して木型から開発されました。

そんな製作へのこだわりや努力というのはやはり裏切らないもので、履けば履くほどその真価を感じさせます。

 

カジュアルなパンツだとドレスな要素を出してくれるし、ドレスなパンツだと抜け感を加えてくれる。

 

そんな絵に描いたようなイイ女、このご時世いると思いますか?

 

いたんですね〜、

 

(靴ですけども。)

 

ただただ、Tシャツやシャツにジーンズ、スラックスを合わせただけのところにハメるだけでばちくそに決まります。

 

いち服屋として言っちゃいかんのでしょうが、あまり考えずしてちゃんと成り立ってしまいます。

 

やっぱイイ女。あげまんですね。

 

 

Post ProductionにはRe-lux以外のデザインのローファーがあと2型あります。

 

それらは僕の見解としてはもっとシンプルに振ったもの、もっとマスキュリンな方に振ったものといった感じですかね。

 

それらに関しては実際の受注会でのお楽しみということでブログやインスタでのご紹介は今回控えておこうと思います。

 

ただ間違いなくこのRe-luxというモデルがPost Productionのローファーの基準になり得るので、当日お越しになられる方はまずこちらからご覧いただけたらと思います。

 

では3日後、

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

RAZE
0776-97-9991
info@raze.jp

Online Shop
Instagram

 

 

 



| razeshop | 17:29 | comments(0) | - |

|Comment









        

NEW ENTRY




ARCHIVES


CATEGORY